SVT-112AV ¥96,000 (税抜)

アンペグ・クラシック・シリーズ・ベース・キャビネットの「SVT-112AV」は、エミネンス製カスタム12インチ・スピーカーを1基搭載し、300W@8Ωの許容入力を備えたハイエンド向けのモデルです。
また、高音再生用の1インチ・コンプレッション・ドライバーを搭載し、3ウェイ(Full/-6dB/OFF)のHFホーン・レベル・スイッチを備え、豊かなロー・エンドと速いレスポンスのピュアなアンペグ・サウンドを再生します。
キャビネットは軽量で丈夫な15mmのポプラ・プライウッドを使用し、シルバーのサランネットとブラック・レザーの外装が相まって、クラシックなアンペグらしいルックスとなっています。
100W出力オールチューブ・ベースヘッドのV-4Bと組み合わせた際の相性も抜群です。

  • RMS Power Handling,300 Watts
  • Nominal Impedance,8 Ohms
  • Frequency Response (-3dB),70Hz-18kHz
  • Usable Low Frequency (-10 dB),35 Hz
  • Sensitivity,96 dB
  • Maximum SPL,121 dB
  • Dimensions,610(W) x 432(H) x 406(D)mm
  • Weight,約20.4kg

Details/SVT-112AV

●リアパネル
■ハイフリケンシー・アッテネーター・スイッチの切替(Full/-6dB/OFF)で1インチ・コンプレッション・ドライバー再生音量のコントロールが可能です。
■フルレンジ・インプット端子への接続は、1/4”モノラル・フォーン・プラグのスピーカー・ケーブルを用います。
アンプからの入力だけでなく、もう一方の端子へ追加スピーカー・キャビネット(8Ω)を接続することが出来ます。
この場合パラレル接続となり、合計インピーダンスは4Ωとなります。

svt_112av_back.jpg

【推奨例】 V-4Bベースヘッドとの組み合わせ

v4b_svt_112av.jpg

※表示の価格は、全て税抜価格です。