インピーダンスについて

スピーカーのスペック表に出てくる「Ω(オーム)」の表示、何のことか気になった方もいらっしゃると思います。
一般的にスピーカーのスペック表では、「Ω」はインピーダンスを表示しています。

簡単に説明します。

スピーカー・ユニットを1本だけ使用するエンクロージャー(スピーカー・キャビネット)のインピーダンスは、もちろんユニットの値そのままです。
しかし複数のユニットをエンクロージャーにマウントして使用する場合のトータル・インピーダンスの値は、計算で算出することが出来ます。中学校で習った「オームの法則」が当てはまります。

スピーカー・ユニットをシリーズ(直列)に接続する場合と、パラレル(並列)に接続する場合がありますが、どちらでもスピーカー・ユニットのインピーダンスをそれぞれr1、r2とした場合、求めるトータルのインピーダンスはrとなります。

シリーズ(直列)接続の場合 パラレル(並列)接続の場合
formula_01 formula_02
複数のスピーカーユニットを接続する場合は
同じインピーダンスのユニットを組み合わせてください。
series palallel
シリーズ(直列)接続 パラレル(並列)接続
4Ωスピーカー・ユニットX2・・・8Ω 4Ωスピーカー・ユニットX2・・・2Ω
8Ωスピーカー・ユニットX2・・・16Ω 8Ωスピーカー・ユニットX2・・・4Ω
16Ωスピーカー・ユニットX2・・・32Ω 16Ωスピーカー・ユニットX2・・・8Ω
 
seri_pala
シリーズ/パラレル(直並列)接続
4Ωスピーカー・ユニットX4・・・4Ω
16Ωスピーカー・ユニットX4・・・16Ω

 

stack

複数のSPボックスを接続する場合
同じインピーダンスのボックスと組み合わせてください。

アンプ側2Ω出し---4Ωのスピーカー・エンクロージャーX2
アンプ側4Ω出し---8Ωのスピーカー・エンクロージャーX2
アンプ側8Ω出し---16Ωのスピーカー・エンクロージャーX2

*一般的に複数のスピーカー・エンクロージャーをアンプ・ヘッドに接続する場合パラレル(並列)接続になります。直列に接続が可能なタイプのアンプ・ヘッドやスピーカー・エンクロージャーをご使用の場合はそちらの説明書を参照してください。
*アンプ・ヘッドにスピーカー・エンクロージャーを接続する際には、アンプ側の要求するインピーダンに適合するスピーカー・エンクロージャーを使用しなければなりません。
_また、アンプ側にインピーダンスの切り替えスイッチがある場合は、使用するスピーカーのトータル_インピーダンスに合わせてご使用ください。詳細は、そのアンプの説明書を参照してください。