Legacy 800 Open Price

革新的な製品の開発でベース・アンプ・ブランドとして確かな地位を築いてきたギャリエン・クルーガーより、レガシー・シリーズ・ベースアンプ・ヘッドの3モデルが登場しました。
画期的な機能を有した800RBは、1982年の発売以来、ソリッド・ステート・ベースアンプの確固たる地位を築き、現在でも愛用者の多いモデルです。
レガシー・シリーズはその800RBのウォームでパンチのあるサウンドとコンセプトを受継ぎ、パワー部にクラスDの技術を採用することで、軽量かつコンパクトなデザインを実現しています。
レガシー・シリーズは、現代のミュージシャンの求める機能性の拡張をし、ニーズに合わせた出力の異なるLegacy 500、Legacy 800、Legacy 1200の3モデルをラインナップしています。
800RBでも搭載されていたギャリエン・クルーガー独自のBass/Lo-Mid/Hi-Mid/Trebleのコントロールを持つ4バンドのアクティヴEQを継承しつつ、Trebleの中心周波数帯を4kHzから7kHzへと変更することで、更なるエッヂ感や透明感をコントロールできるようになりました。
また、800RBではLo Cut/Mid Contour/Hi Boostという名称であったスイッチ式ヴォイシング・フィルターは、それぞれBump/Contour/Presenceの名称に変わり、Lo Cut(ロー・カット・フィルター)がBumpという低音を拡張するロー・ブーストへと進化しています。
さらに、以前はBoostと言う名称でのブースト機能は増強され、軽いブーストからディストーションに近い過激なサウンドまでを網羅したオーバードライヴ・コントロールに生まれ変わりました。
加えてオーバードライヴ時の高音域のレスポンスを調整するEdgeコントロールが加わったことで、サウンド・ヴァリエーションが格段に広がっています。
付属のフットスイッチRF-Iを使用することで、足元で瞬時にクリーン/ドライヴのサウンドの切り替えが可能です。
回路基板の接続には金メッキされたコネクターを採用することで高品質なサウンドと高い信頼性を実現するとともに、過度の熱や回路のショート、過負荷が生じたときに動作する保護回路と不具合を示すインジケーターも搭載している安心の設計です。
3種類のモデルすべてが同じデザインを採用したコンパクト・サイズで、3kgを切る重量で設計されており、アンプの持ち運びに悩むことなく、小規模のイベント・スペースから大規模なステージまで用途に合わせてお選びいただけます。

  • 出力,400W(Total) @8Ω / 600W(Total) @4Ω
  • コントロール(フロント・パネル),Trim,Drive,Level,Bass,Lo-Mid,Hi-Mid,Treble,Master,Overdrive Switch,Edge,Bump Switch,Contour Switch,Presence Switch,Mute Switch
  • コントロール(リア・パネル),Power Switch,Ground/Lift Switch,Pre/Post Switch,Cabinet Impedance Select Switch
  • インプット,Input,Aux In,Footswitch,Effect Return
  • アウトプット,Speaker Output(Speakon™) × 2,Direct Out,Headphones,Effect Send
  • サイズ,291(W) × 61(H) × 271(D)mm (最大外形寸法)
  • 重量,約2.6kg

Details/Legacy 800

■4バンドのアクティヴEQ (ベース、ローミッド、ハイミッド、トレブル)
■オーバードライヴ・サウンドに切り替え可能なフット・スイッチが付属
■Bump、Contour、Presence 3つのヴォイシング・フィルター
■グラウンド・リフト・スイッチ、プリ/ポスト・セレクターを装備したXLRダイレクト出力端子
■便利なエフェクト・センド/リターン端子を装備
■外部音源など入力できるAUX入力端子を装備
■ヘッドフォン出力端子を装備
■全モデル共通サイズ

【付属品】取扱説明書, 電源コード, フットスイッチ(RF-I), フットスイッチ・ケーブル

legacy_800_l.jpg

legacy_800_r.jpg

legacy_800_back.jpg

rf-i_footswitch.jpg

※表示の価格は、全て税抜価格です。