About Promuco

low res originals1964年、イギリス・イングランド地方のヨークシャーにある小さな会社、プロフェッショナル・ミュージック・カンパニー(Professional Music Company=Promuco=プロムコ社)がドラムスティックの製造を開始しました。

数年後、ビジネスはイギリス国内で成功を収めました。アメリカのマーケットに向けてさらにビジネスを拡大するため、アメリカの有名ジャズ・ドラマーであるバディ・リッチに使用してもらうことで、全米での認知度が高まりました。

John Bonham 19751970年代初頭にかけてレッド・ツェッペリンのドラマーであるジョン・ボーナムはイギリス・プロムコ社で作られた自身のオリジナル・ドラムスティックを使用していました。ジョン・ボーナムはそのドラムスティックに「Trees(ツリーズ)」とニックネームを付け、愛用していました。ジョン・ボーナムが実際の演奏に使用したドラムスティックは、アメリカのミシシッピ州ビロクシのハードロック・カフェできらびやかに展示されており、ロックンロールの歴史として高い評価を受けています。ごくまれに、かつて発売されていた中古のジョン・ボーナム・ドラムスティックがオークションに出品されることがありますが、数千ポンドの高値が付くこともしばしばあります。biloxi

1970年代から80年代初頭にかけて、プロムコのスティックは、10CC、デフレパード、スペシャルのジョンブラッドベリー、ストラングラーのジェットブラック、エマーソン、レイク&パーマー、フィルコリンズなど、他の多くのトップアーティストにも選ばれました。

この期間中、プロムコスティックは楽器のスペシャリスト、バーンズ&マリンズによってイギリスで配布されました。そして長い休息の後、プロムコブランドは全盛期に供給していた同じスタッフによって生まれ変わります。

プロムコの過去の素晴らしさを忠実に保ち、新しいプロムコドラムスティックは、高品質で耐久性のあるアメリカンヒッコリー、オーク、ロックメープルの木で作られています。ハードロックでもジャズでも、プロムコならお任せください。

Webサイトをより充実したものに改善するために、クッキーを使用します。当社のWebサイトを使用することにより、クッキーの使用に同意したことになります。 | 詳細