Alexander Pedals

アメリカ・ノースカロライナ州ガーナーで、ハンドクラフテッドのエフェクトペダルを製造するブランド

写真:Hot Pink Drive

Hot Pink Drive

オープンプライス

Hot Pink Drive (ホット・ピンク・ドライヴ) は、1980年代にLAメタル・バンドが活躍した米国西海岸の聖地「サンセット・ストリップ」のネオンライトのごとく、当時のハードロックに用いられていた巨大なスタック・アンプのドライヴ・サウンドを小さなペダルに詰め込みました。
特徴的なアクティヴ・コントゥアー・コントロールを装備することで、トーンのニュアンスは大幅に変えることができ、1980年代サウンドだけに留まらず、ソリッドで現代的なメタル・サウンドまで幅広いサウンド・メイクが可能です。
ホット・ピンク・ドライヴは2015年に世界限定30台で発売しましたが、多くの要望に応えレギュラー・ラインナップに加わりました。
また、本機の収益の一部は、乳がん患者に短期の援助を実施するピンク・ファンドに寄付しています。

品目コード
00109111
JANコード
4988784622952

製品詳細

hot_pink_drive_01.jpg

【Specification】
■モデル名: Hot Pink Drive (ホット・ピンク・ドライヴ)
■コントロール: LEVEL, DRIVE, BASS, CONTOUR, TREBLE
■スイッチ: BYPASS
■入出力端子: Input, Output, DC In
※DC In適応プラグ・サイズ: 内径2.1mm / 外径5.5mm
■電源: 9VDC (別売パワー・サプライ) ※18Vの入力まで許容
■消費電流: 30mA
■サイズ(最大外形寸法): H62 × L122 × W74mm
■重量: 約280g

※別売パワー・サプライの極性は必ずセンター・マイナスを使用して下さい。推奨パワー・サプライはMusic Worksの「DC0913B」となります。

※本機は、電気信号によってスイッチを開閉するリレー式スイッチングを使用したトゥルー・バイパス仕様です。
その特性上、エフェクト・オフの状態で電源を切断した場合にはトゥルー・バイパス状態となり、ギターからの信号はそのまま出力されますが、エフェクト・オンの状態で電源を切断した場合にはスイッチの開閉ができなくなるためギターからの信号は出力されません。

●アレクサンダー・ペダルズ (Alexander Pedals) とは

アレクサンダー・ペダルズは、米国ノースカロライナ州ガーナーでMatthew Farrow (マシュー・ファーロウ) を中心にハンド・クラフテッドのエフェクト・ペダルを製造するブランドです。
マシュー・ファーロウは1990年代後期よりエフェクト・ペダルのデザインのキャリアをスタートしています。
アレクサンダー・ペダルズをスタートするにあたり、「Great Tone (素晴らしいトーンを創作する) 」と「Doing Good (世の中のためになる善い行いをする) 」の2つの理念を掲げました。
「素晴らしいトーン」については、製品を使用していただくことでわかって頂けるでしょう。
「善い行い」ですが、アレクサンダー・ペダルズの全ての製品は、売上収益の一部を慈善団体に寄付することで実行しています。
1987年にマシューの弟アレックスは、がんの一種である神経芽細胞腫で亡くなりました。
このようにアレクサンダー・ペダルズは、弟の名前をブランド名とし、小児がん撲滅を目指す慈善団体への協力を通じ、アレックスへの追悼も行っています。

space_race_angle.jpg

ページ上部に移動