VKC-70 Open Price

オハナの「VKC-70」は、1940年代にRoy Smeckが愛用したモデルを基にデザインされています。
ボディトップにソリッド・スプルース、バック&サイドにマホガニーを使用し、ユニークな形のサウンドホールとシェイプが特徴のコンサートサイズのウクレレです。
ギグバッグが付属します。

Details/VKC-70

vkc-70_back.jpg

【Specification】

<BODY>
■Top: Solid Spruce
■Back: Laminate Mahogany
■Sides: Laminate Mahogany
■Finish: Satin
■Soundhole: Double stylized
■Binding: Cream
■Body Length: 10-3/8"
■Overall Length: 22"
■Lower Bout Width: 8-5/8"
■Body Height: 2-1/2"
■Overall Height: 3" (including bridge & saddle)

<NECK>
■Neck Material: Mahogany
■Fretboard Material: Hardwood
■Fretboard: 14 Frets to Body
■Finish: Satin
■Nut: Bone
■Scale Length: 15"
■Nut Width: 1-5/16"

<GEAR>
■Headstock: Mahogany
■Saddle: Bone
■Strings: Aquila
■Tuners: Grover® Geared
■Case: Gigbag

※表示の価格は、全て税抜価格です。